October 14, 2005

「コンフェッション」5

「コンフェッション」
A Murder Of The Crows (1998)
キューバ・グッディング・jr、トム・べレンジャー

法曹界を追放された弁護士が引退後は海辺の家で
作家生活をはじめる。
全然書けずにいる時、ある老人が自分が書いた本を
見て欲しいと言って原稿を預ける。
その作品はすばらしかった!
返しにいこうとしたら彼は亡くなって身寄りもなかった。
そしてその作品を自分の作品として出版社に
持ち込んで作家として大成功するが
殺人事件が起こりその本と内容が
同じだったことから容疑者として追われる・・・

コンフェッションってこれじゃない映画を
考えた人しかいないんじゃないかなー(^^ゞ
でも一応日本のタイトルがコンフェッションなので・・・
誰が何のためにはめたのか、
元弁護士はまさに危機一髪の状況に追いやられていくんだけど、
殺人犯として終われ犯人はわからず謎でしかなくて
こんな状況になったらまさに危機一髪!
なんなんだー!っていう気持ちわかるな〜って感じです。
気づくだろう!って言うチャチな部分もないとはいえないんだけど
犯人は誰?ってトリックありなので最後まで飽きません。

私はキューバ大好きなのでloveでーす(^o^)
登場人物少ない映画です。
キューバファンなので余談ですが「星の王子ニューヨークに行く」が
デビュー作となってるのですが、どこに出ていたのか記憶にもなくて
その他大勢の中とか目を凝らしてみたけどいない・・・
そしたら床屋のシーンでいたいた!台詞なし・・大爆笑(^^ゞ

コンフェッション

serendipity_movie at 00:29│カ行 | サスペンス
ブログランキング
アマゾン
Profile