November 21, 2005

「アダプテーション」3

「アダプテーション」Adaptation (2002)

ニコラス・ケイジ メリル・ストリープ クリス・クーパー

脚本家のチャーリー・カウフマンは、
『マルコヴィッチの穴』で大成功を収めた後
次の作品の脚本に取り掛かったが行き詰ってしまう。
双子の兄弟のほうも脚本家として成功していた。
二人で原作者に会いにいくが、原作者の女性が気になり
後をつけていくうちに・・・

ニコラス・ケイジが双子の役でちょっとデブで禿げで登場!
いつものニコラス・ケイジじゃないわ〜〜〜!
コメディということなんだけど特に笑えなかったというか、
むしろ悲しかった。
原作者の女性はメリル・ストリープで大胆な女性の役。
何年前とかいう場面が何度も登場するし、
事態は意外な方向へと進んでいくし・・・
この展開についてこれるか?ってことだったけど、
トホホ・・・ついていけませんでした〜!
ちょっと変わった映画ですね。
もう一度見ないとなんとも言えない感じです(^^ゞ


アダプテーション DTSエディション

serendipity_movie at 13:54│ア行 | サスペンス
ブログランキング
アマゾン
Profile